更年期 関節痛 薬

更年期の関節痛に効く薬は?

更年期の関節痛に効く薬を調べて、おすすめの市販薬をランキングで紹介しています。

 

 

更年期は平均して40代半ばくらいから始まるといわれています。更年期に入るとホルモンや自律神経のバランスが崩れることで、身体にさまざまな弊害、症状が現れてきます。

 

その一つに関節痛があります。

 

更年期の関節痛で多いのが、膝や股関節の痛みとか腰や首肩の関節痛です。

 

つらい関節痛に悩まされている人は、何とか症状を改善しようと健康食品やサプリメントなどを導入したりします。

 

でも、健康食品やサプリメントは健康の維持を目的とした食品という扱いなので、更年期の関節痛にきちんと対処するなら薬を使用した方が良いでしょう。

 

ただ最近では関節痛に対応する似たような市販薬がたくさんあるので、どの商品が良いのか迷ってしまうのではないでしょうか?

 

そういう方に、ぜひ次のランキングを参考にしていただき、成分や価格、人気の度合いなどを比較してもらえればと思います。

 

つらい更年期の関節痛にお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

更年期の関節痛におすすめの薬ランキング

【更年期の関節痛におすすめの薬】1位「トンデケア」の特徴

あき竹城さん、九重親方がテレビCM絶賛放送中の人気医薬品
・関節痛や神経痛といった更年期の痛みにもおすすめの第3種医薬品
・ひざ痛や腰痛、肩こりなどの他、手足のしびれ、眼精疲労などの症状でお悩みの方に
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のビタミンB1、B6、B12の補給も
・穏やかな効き目が特徴
・7つの有効成分が痛みに直接働きかけ、つらい痛みを緩和
・定期2個セットなら「ヒザらくらくサポーター」がプレゼント!

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
【更年期の関節痛におすすめの薬】1位「トンデケア」の総評

関節痛や神経痛に有効性が認められている第3種医薬品です。効き目が緩やかなので更年期でも安心して服用することができます。

7つの有効成分の働きで、辛い症状を緩和させています。

公式サイトから購入すると通常価格は4,980円のところ、初回限定で3,675円で購入することができます。

2回目以降も10%OFFで購入できるので継続するのにとてもお得です。

最低の受け取り回数がないので、いつでも止めることができて安心です。

【更年期の関節痛におすすめの薬】2位「リョウシンJV錠」の特徴

肩・腰・膝など関節痛に飲んで効く、手ごろな値段の医薬品

・更年期のつらい関節痛・神経痛に6つの有効成分が効く第3類医薬品
・1日たった1回の服用でOK
・関節痛、神経痛のほか、筋肉痛、眼精疲労の緩和などにもおすすめ
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の栄養補給に
・初回限定価格は1900円、最初の1ヶ月は1日わずか61円

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
【更年期の関節痛におすすめの薬】2位「リョウシンJV錠」の総評

第3種医薬品に分類されているので、優しい働きかけをします。

副作用の心配な人でも安心して服用できる薬でなので、長期間飲み続けることも可能です。

薬の体への影響が心配であったり、他の薬を試して副作用が出て、このリョウシンJV錠に切り替えたという人もいるようです。

価格は3,800円なのですが、公式サイトから購入すると初回限定で1,900円にて購入できます。

同じような成分の含まれる商品と比べても、手頃な価格の医薬品だといえますので、長く続ける場合でも経済的な負担が少なく済みます

【更年期の関節痛におすすめの薬】3位「グルコンEX錠プラス」の特徴

累計販売本数400万本突破!更年期の関節痛にもおすすめ
・関節痛や神経痛に効果、効能が認められた第三類医薬品
・ひざの痛みや腰痛、五十肩、肩こりなど、つらい関節痛でお悩みの方におすすめ
・関節痛以外にも神経痛、筋肉痛、手足のしびれ、また便秘や眼精疲労などの症状にもおすすめ 
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給におすすめ
・900mgのコンドロイチンを含有(国が定める製造承認基準の上限量で欧州でのエビデンス量もクリア)
・商品の購入後も日本薬師堂の薬剤師から電話でアドバイスやサポートが受けられる

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
【更年期の関節痛におすすめの薬】3位「グルコンEX錠プラス」の総評

ひざや腰の痛みの他にも神経痛や筋肉痛、手足のしびれ、眼精疲労など幅広い症状に対応している薬です。

ただ痛みを抑えるだけの薬とは違い、痛みを緩和しながら関節痛の原因から改善してくれるタイプですので、更年期の関節痛でも根本的な解決になります。

公式サイトから定期便を申し込めば、通常価格は7,178円のところ初回限定で1,980円で購入できるのでお得に利用することができます。

継続の縛りはなく、いつ解約しても大丈夫なのでお試しするなら今がとてもチャンスです。

更年期の関節痛におすすめの薬は「トンデケア」

更年期の関節痛におすすめく薬として1位に選ばれているのはトンデケアです。

 

 

神経痛を緩和させるために取り入れている人も多いのですが、やはり関節痛に効果が期待できます。

 

トンデケアには、

 

1.フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)

 

2.ニコチン酸アミド(ビタミンB3)

 

3.パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

 

4.ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)

 

5.シアノコバラミン(ビタミンB12)

 

6.ガンマーオリザノール

 

7.ビタミンEコハク酸エステルカルシウム

 

の7つの有効成分が、原因にしっかり働きかけることで、ひざ・腰・肩などの関節痛や神経痛、筋肉痛を緩和するお薬です。

 

そもそも関節痛は、関節周囲の血流が悪くなって、筋肉や神経組織のエネルギー産生力が低下し、修復力や治癒力が弱まることで発症しやすくなります。

 

こうした悪循環を断ち切るには、関節周囲の血流を改善し、組織のエネルギー産生を促し、神経系が正常に働くように整えることが大事です。

 

トンデケアはビタミンB1とビタミンB3,ビタミンB5が痛みの原因である筋肉や神経組織の新陳代謝を促進させて、傷んだ組織の修復をサポートしてくれます。

 

新陳代謝の促進は一時的な痛みの緩和でなく、根本的な関節痛の解決を図る上でとても大切なポイントですので、更年期の関節痛に悩まされていて、痛みを解放されたい人にはおすすめです。

 

そしてビタミンEは血液の流れを良くすることで関節痛を緩和してくれます。

 

血行が悪くなると痛みが強く出たりしますので、血行を促進させることはとても大切な要素です。

 

さらにビタミンB6とビタミンB12、ガンマーオリザノールが神経系をサポートし、自律神経や末端神経を正常に働かせることで痛みを緩和します。

 

トンデケアはこれら7つの有効成分により関節痛を根本からアプローチしてくれるお薬ですが、人気の秘密は関節痛を効率良く緩和させるからだけではありません。

 

関節痛が起こる時には原因を抱えていますが、その原因にまでアプローチできる点が高く評価されています。

 

ある程度の年齢になると繰り返し起こる痛みに悩まされることが増えますが、それは痛みの原因にきちんとアプローチできていないために起こります。

 

一時的に症状が良くなったように思えても、現在起こっている炎症などを鎮めているだけの場合もありますので、関節痛に効く薬ならどれも同じ効果が得られるというわけではありません。

 

しっかりと改善させたいのなら、やはり原因となっている部分に根本から働きかける作用が必要であり、そういう成分が含まれているトンデケアの人気が高くなるのも当然です。

 

トンデケアは通常4,900円で販売されていますが、公式サイトから定期便で申し込めば初回限定で3,675円と大変お得に購入できます。

 

2回目以降も10%OFFで購入できるので、継続して関節痛を管理するのにおすすめです。

 

しかも送料や販売手数料も無料なので、本当にお得で安いんです。

 

定期便で申し込んでも、1回で解約して大丈夫なので、継続の縛りがなくて安心です。

 

配合成分と初回限定価格、口コミでの評判、サポートなどをトータルで考えるなら、トンデケアはダントツでおすすめのお薬です!

 

更年期の関節痛には副作用の少ない第3類医薬品を!

薬を利用する場合、まずは安全性をチェックしなければ安心して取り入れることができません。

 

中にはうたわれているような効果が得られないこともありますので、記載されている内容が正しいのかを判断する目を養うことも大切です。

 

 

効果が認められている医薬品を選ぶ

お薬を選ぶ際に大事なのは、きちんとした効果が認められているかどうかです。

 

効果が認められているということは、関節痛に有効と認められた成分が含まれているということです。

 

関節痛に作用する成分には様々なものがありますが、身体にどのような働きかけをする成分なのかを詳しく知ってから選ぶことも重要です。

 

できるだけ成分作用の詳細に把握することで、より自分の症状に合った薬を見分けることができますよ。

 

副作用の少ない第3種医薬品がおすすめ

ご家庭で医薬品を取り入れる際、副作用が不安という方もいるかもしれません。

 

副作用は薬によって、また人によって出方が異なりますので、リスクを下げるためには作用の穏やかな薬を選ぶといいでしょう。

 

第1種医薬品や第2種医薬品と比べると第3種医薬品は効き目が穏やかですので、副作用のリスクは低くなります。

 

そのかわりに症状に対して即効性はありませんので、飲んですぐに効果が現れるようなこともありません。

 

でも長く続けるとじわじわと効果が現れますので継続することが大切です。

 

薬で更年期の関節痛対策を行いたいと考えていても、副作用が心配でなかなか取り入れられない人もいるかもしれません。

 

始めて使う薬でも第3種医薬品ならそれほど大きなリスクはありませんので、試してみるのなら第3種医薬品を選ぶことをおすすめします。

 

信頼できる公式サイトで買う

最近では医薬品でもネット通販を利用することが可能になり、取り寄せる人が増えています。

 

ただし信頼できるサイトを利用しないと安全性を確保できませんので、できるだけ商品の公式サイトで購入するようにしましょう。

 

現在では様々な市販薬が出回っていますので、よく似た別のお薬を購入してしまう恐れもあります。

 

公式サイトから購入する場合、お得なキャンペーンなどが行われていることもあります。

 

特に初めて購入する人への特典はよく用意されていますので、それぞれの公式サイトをチェックしてみてください。

 

▲更年期の関節痛におすすめの薬ランキング

更年期の関節痛について

更年期になるとホルモンバランスに乱れが生じるようになってきます。

 

更年期の関節痛はホルモンバランスの乱れから

 

その乱れは身体のさまざまな機能を調節している自律神経系の乱れにもつながるため、それは血液循環にも影響してくるんですね。

 

血液循環のバランスが崩れると、運動器官にも影響を与えさまざまな悪影響を引き起こすようになってしまいます。

 

一つ一つは重い症状でなくても、体のいたるところで変調をきたすと、結果的に「全身がつらい」といったことが起こるでしょう。

 

さらに更年期の症状は精神的な要因も加わることで、より悪化してしまうので注意が必要なんです。

 

更年期の関節痛も、ホルモンや自律神経のバランスが崩れ、血液循環が乱れることで起こることが多いんですね。

 

また精神的な要因が加わっていることもあります。

 

骨や関節の組織は加齢とともに、徐々に老化が進みます。関節の軟骨や周囲の靭帯は劣化し、筋肉も痩せて硬くなってしまいますね。

 

そのため関節を曲げ伸ばしする際に、痛みを発するようになってしまいます。

 

関節痛は関節の軟骨や靭帯の痛みのこともあれば、周囲の筋肉痛のこともあります。

 

加齢に伴う組織がの老化現象は、血流によってその進行度が変わってきます。

 

適度に体を動かし血行がよい状態であれば、組織の劣化を最小限に食い止めることができるので、積極的に取り入れていきましょう。

 

逆に血行が悪い状態では、組織に栄養や酸素が行き届きづらくなり、老化、劣化が進みやすくなってしまうので注意が必要です。

 

関節痛や筋肉痛を引き起こした際に痛めた組織修復にも、血行はとても重要なので運動や栄養で血流を促すように心がけましょう。

 

更年期の関節痛には規則正しい生活を

 

関節痛や筋肉痛に限らず、「更年期の関節痛におすすめの薬ランキング」で紹介している医薬品は、肩こりや腰痛、手足のしびれなどの症状にも有効性が認められています。

 

これらの症状に共通しているのは、組織の「血行不良」が挙げられます。

 

関節や筋肉にしても、肩こりや腰痛にしてもホルモン・自律神経が乱れて血行が悪くなると、引き起こされる症状ですので注意しましょう。

 

体の痛みはストレスとも密接に関係していて、過度のストレスは体の痛みを増強することもわかっています。

 

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

 

エストロゲンは精神をつかさどる神経系にも影響し感情や情動をコントロールする働きがあります。

 

そのためエストロゲンが減少することで精神的な不安定な状態を引き起こし、さまざまな症状が引き起こされるんですね。

 

その一つに痛みのコントロールがあり、これが乱れることで些細な痛みでも、とても気になるようになったり、痛みをつらく感じるようになってしまいます。

 

対策としては規則正しい生活習慣は必須で、他にも精神的なストレスをためないことが非常に重要です。

 

体の痛みを我慢するとかえって、精神的なストレスにつながり症状を悪化させることもあるので、痛みには早めに対応することが大切です。

 

▲更年期の関節痛におすすめの薬ランキングへ